土壌汚染対策法に係る調査

土地の売買・開発の際の土壌汚染調査は野田市電子にお任せ下さい!
円滑な土地取引を土壌調査でお手伝いします。
土壌汚染対策法では、3000㎡以上の土地の形質変更の際の届出が義務付けられています。

  • 紛争防止のリスク管理として、取引当事者様のご要望にお応えして。
  • 重要事項説明の裏付けに。
  • 土壌汚染対策法による調査。

仲介業者が巻き込まれるリスク

仲介業者が巻き込まれるリスク
土壌汚染対策法に基づく指定調査機関
指定番号 2003-7-1019

調査メニュー

調査メニュー

調査事例

ガソリンスタンド跡地
ガソリンスタンド用地では、埋設タンクと配管からの油漏れが土壌汚染の原因となります。
施設撤去時に立会い、タンクと配管継手の直下の土壌を採取して、鉛、ベンゼン、油分を分析しました。
対象面積 約700㎡
対象物質 鉛、ベンゼン、油分
調査期間 試料採取  2日
室内分析  14日
報告書作成 4日
めっき工場跡地
めっき工場用地では、脱脂工程での有機溶剤やめっき工程での六価クロム等が土壌汚染の原因になります。
対象面積 約7,500㎡
対象物質 第一種特定有害物質(VOC)
第二種特定有害物質(重金属等)
調査期間 試料採取  2日
室内分析  16日
報告書作成 10日
駐車場用地
通常、駐車場では有害物質の使用は考えられません。
土地利用履歴調査を行い、汚染の可能性を確認しました。
対象面積 約3,000㎡
調査期間 資料収集       15日
現地踏査・ヒアリング 2日
報告書作成      7日
クリーニング工場跡地
ドライクリーニング業では、有機塩素系溶剤の不適切な取り扱いが土壌汚染の原因になります。
クリーニング設備の周辺で、テトラクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン等の揮発性有機化合物について土壌ガス調査を行いました。
対象面積 約400㎡
対象物質 テトラクロロエチレン
1,1,1-トリクロロエタン
1,1-ジクロロエチレン
シス-1,2-ジクロロエチレン
トリクロロエチレン
調査期間 土壌ガス採取・分析  1日
報告書作成      4日
自然由来の汚染
地球上に存在する物質の中には、人為的汚染とは無関係に土壌汚染対策法の指定基準値を超えて土壌中に存在する重金属類があります。
土地取引の紛争防止のために、自然由来の汚染について調査されることが多いようです。
対象面積 約900㎡
対象物質 第二種特定有害物質
調査期間 試料採取  1日
室内分析  14日
報告書作成 2日