HACCP制度の導入に関して、お困りなことはありませんか?

食品衛生法の改正(2018.6.13)に伴い、原則、すべての食品等事業者に、一般衛生管理に加え、
HACCPに沿った衛生管理の実施が義務図けられました。
ただし、規模や業種等を考慮した一定の営業者については、取り扱う食品の特性等に応じた衛生管理とされています。

猶予期限は3年間、2021年6月までに、HACCP制度化に対応する必要があります。

HACCP方式と従来方式との違い

原材料の受入から最終製品までの各工程ごとに、微生物による汚染や異物の混入などの危害を予測した上で、
危害の防止につながる特に重要な工程を連続的・継続的に監視し、記録することにより、製品の安全性を確保する衛生管理手法です。
これまでの最終製品の抜き取り検査に比べて、より効果的に安全性に問題のある製品の出荷を防止できるとされています。

HACCPについて

HACCP制度化に伴いお手伝いできること

1. 講習会・研修会等の開催
HACCP、食中毒、食品添加物、食の安全・安心等の講習会、研修会を開催致します

2. HACCP導入に関するアドバイス
・衛生管理計画の作成
・重要管理点の決定
・管理基準の設定
・モニタリング方法
・記録書の作成
3. 食品営業許可申請の代行
食品営業許可申請の代行お任せください
4. 飲料水検査
飲料水(地下水)の検査を行います